作・演出 加納幸和(花組芝居)コメント

 

 母の雛人形。


 戦前のもので、小さく質素な木目込みだが、実に顔がキレイで可愛らしく、古風でもある。


 子供の頃、飾り付けは僕の役目だった。

しかし大人になり、節句というものへのワクワク感がなくなり、飾らなくなって数十年...。桐の箱の中で、雛たちは何を 思っているのだろう。毎年巡り来る桃の節句に、今年こそは! とソワソワする気も失せたんじゃないだろうか。


  人の、一年分の穢れを引き受けてくれる、形代としての雛たち。彼らを顧みないと、人は汚れ切ってしまう事になりはしないか? そんな思いを、春らしく陽気な舞台に込めたい。


本物の装束を惜しげもなく使える、この贅沢さと同じ心の贅沢さを、皆さんに味わって頂くよう頑張る所存です!